他人の胸クロスを着用できますか?

胸の十字架は最大の神社であり、宗教的所属の象徴です。 教会はそれが作られている材料を重要視しています。 しかし、重要なことは、十字架が正しい形(4、6、または8先の尖った)であるということです。

多くの人は、人生で少なくとも一度は、この製品を路上、屋内、公共交通機関で見つけ、育てることができるかどうか、そして他の人の胸の十字架を着ることができるかどうかを知りませんでした。

他人の十字架を着ることは可能ですか 所有者に関するすべての情報が暗号化されているため、他人の十字架を着用することは容認できないという噂があります。

他人の十字架を着てもいいですか?

人気のある噂や心理学者は、所有者に関するすべての情報がこの属性で暗号化されているため、他の人の十字架を身に着けることは受け入れられないと言います-人の人生ですでに達成された重要なイベントに関する情報。

家の近くで見つかった十字架は、悪意のある人によって引き起こされた被害の兆候であると人々は言います。 ほとんどの現代のクリスチャンは、そのような危険の存在を信じていません。家の中や近くで見つかった外国の十字架は教会に運ばれ、奉献され、この宗教的属性を獲得できない人々に与えられなければならないと信じています。

他人の十字架を着用することが可能かどうかについての信者の意見は、条件付きで2つのグループに分けられます。

  1. 前者は、他人の十字架をつけた人が他人の罪の責任を負ったと信じています。 地上でそのような属性を見つけたので、それを一歩踏み越えたり、さらに悪いことに前進したりしてはいけません。
  2. 反対のグループの人々は、他の誰かを含むあらゆる十字架を保護と見なします。
    聖職者は、この神聖な属性は注意と敬意を持って扱われるべきであるという意見に同意します。

古代ロシアには、他人の十字架を身につけることに伴う恐怖が存在していました。 当時は習慣がありました:故人を裏切るとき、十字架は彼から取り除かれました。

一部の現代の信者は、故人から取り除かれた神聖な属性は、2つの世界の間の一種の接続リンクである、つまり、それは生活に害を及ぼす可能性があると信じています。 しかし、そのような人々の数はごくわずかです。

今日、教会はキリスト教の遺物が故人の所有者に抑留されることさえ主張しています。

司祭の意見

教会の牧師たちは、キリスト教の規範に反するような他人の胸の十字架を身に着けていることに何も見ていません。 十字架なしで教会に現れる教区民の行為-信仰の象徴であり強力なお守り-だけが承認されません。

古代のクリスチャンには兆候がありました。十字架が曇ったり、黒くなったり、糸が切れて製品が地面に落ちたりすると、人は負のエネルギー攻撃からの保護を失います。 司祭たちは、そのような話はすべて根拠のない迷信の現れであると言います。

キリスト教の歴史の中で、教会の牧師がこの教会の属性を持っていない普通の教区民にそれを渡すためにそれを取り除いたとき、多くのエピソードがありました。

また、上からの贈り物なので、見つけた十字架を着用するべきだという意見もあります。 聖職者は、見つかった十字架に対処する方法についていくつかのアドバイスをします。

  • 「神殿で奉献し、身に着けなさい!」。
  • 「神殿で奉献し、それを女神に渡してください。」
  • 「神殿で奉献し、貧しい見知らぬ人に与えなさい。」
  • 「それを寺院に持ってきて、奇跡的なアイコンの1つの近くに置いてください。」

そして最後に。 十字架を見つけた人は、見つけた後は、特に自分が罪のない人の場合、他人の罪に対する責任を受け入れることができないことを理解しなければなりません。

Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: