火星の南極の長年の謎がついに解決されるかもしれない

火星の南極の長年の謎がついに解決されるかもしれない

科学者たちはシャー​​ロックホームズの帽子をかぶって、何十年もの間研究者を困惑させてきた謎を解き明かしました。火星の南極にあるCO2層状氷と水氷の巨大な層の起源と大気中のCO2との関係です。

主な仮説の1つは、火星の軸が太陽に向かって傾いて太陽から外れると、これらの層が互いに押し付けられ、新しい研究で公開されたシミュレーションモデルがこの考えを裏付けているというものです。

問題のアイスキャップは約1kmの深さで、今日の火星の大気全体にあるのと同じ量のCO2が含まれていると考えられており、さまざまな要因の組み合わせにより、この異常な層状構造が生じました。

「通常、モデルを実行するとき、結果が観察したものにそれほど近くなるとは期待していません」と、NASAのジェット推進研究所の惑星科学者であるPeterBuhlerは言います。

「しかし、モデルによって決定された層の厚さは、軌道を回る衛星からのレーダー測定値と非常によく一致しています。」

サウスポールのアイスキャップを非常に奇妙なものにしているのは、実際にそこにあるべきではないということです。ウォーターアイスはCO2アイスよりも熱的に安定していて暗いため、科学者はCO2アイスが不安定になると予想しています。

新しいモデルによると、火星の軸が太陽の周りを回転するときの傾きの変化、2種類の氷の太陽光による反射方法の違い、CO2氷がガスに変わるときに発生する大気圧の変化の3つの要因がこれを防ぎました。

レイトンとマレーが1960年代に予測したように、時間の経過とともに、赤い惑星の気候の変化は大気圧を変化させました。

科学者たちは、これが約51万年間続いていると推定しています。これは、すべてのCO2が火星の大気に昇華した最後の期間からです。

「火星の大きな圧力降下の履歴を決定することは、火星の表面近くの安定性と液体の水の履歴を含む、火星の気候の進化を理解するための基本です」とビューラーは言います。

この研究は、ジャーナルNatureAstronomyに掲載されました。

Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: