死者のために泣けない理由を説明する民俗の知恵

数世紀の間、ロシアの人々は運命の兆候についての情報を収集し、彼らが見聞きしたものに基づいて迷信を作成してきました。 死んだ人のために泣けない理由 彼らが火曜日に故人のために泣いた場合、子供はすぐに家族に現れます

民俗の知恵は今日まで生き残っており、そのおかげで現代人は何世紀にもわたる先祖の経験を利用することもできます。 したがって、たとえば、すでに亡くなった人のために長い間泣くことができない理由を説明する兆候は依然として関連しています。

故人のために泣くことは可能ですか

看板が言うように、あなたは死後の最初の日の間だけ故人のために泣くことができます。 親戚や友人のすすり泣きがさらに続くと、近い将来、ネガティブな出来事が引き起こされます。 発生したイベントの詳細から、運命の兆候が何を示しているかを知ることができます。

死後の翌日のサイン

愛する人の死の翌日泣くのは、家にトラブルを誘い込むことです。 人の死に続く曜日に応じて、すすり泣きの隠された意味を見つけることができます。

  1. 月曜日に故人を悼むことは他人からの批判です。 多くの人は、その人が何をしているのか、誰と一緒に過ごしているのかについて否定的に話し始めます。 これは人の利益に影響を及ぼします、あなたはあなた自身についての良い世論を形成するためにあなたの余暇を変える必要があるでしょう。
  2. 彼らが火曜日に故人のために泣いた場合、子供はすぐに家族に現れます。 しかし、喜びの代わりに、彼は家族に悲しみをもたらします。 彼の誕生後、若い両親はより多くの心配を抱き、赤ちゃんを育てるのは難しくなり、発達の新しい段階ごとに失望をもたらすでしょう。
  3. 兆候によると、水曜日に故人を求めて泣くことは不採算の投資です。 人は高価なものを手に入れますが、それはすぐに壊れて役に立たなくなります。 その結果、お金が無駄になり、返品することができなくなります。
  4. 木曜日に死者を悼むことは悪い兆候です。 一連の不幸が家族全員を待っています。 問題は人生のさまざまな分野で始まります。 すべての困難に対処するために、あなたは愛する人に助けを求める必要があります。
  5. 故人のための金曜日のすすり泣きは、古い知人との望まない出会いの前触れです。 会話の中で、両方の対話者が長い間隠していた嘘が明らかになります。 このため、仲間はお互いの信頼を失い、コミュニケーションを停止します。
  6. 親戚が土曜日に故人を悼んだ場合、彼らは財政危機に直面するでしょう。 財政状況は急激に悪化するため、習慣を変え、日々の費用を削減する必要があります。
  7. 故人のための日曜日のすすり泣きは、職業における失望の前兆です。 人は自分が人生で間違った道を選んだことを理解するでしょう。 これは彼のモチベーションとハードワークに悪影響を及ぼします。

泣く頃には

故人の嘆きがどれだけ続いたかによって、あなたは前兆がどれほど早く実現するかを理解することができます。

  • 日中に死んだ男を求めて泣くということは、予測が実現する瞬間を長い間待つことを意味します。 愛する人が亡くなってから約2ヶ月かかります。
  • 故人の2日間のすすり泣きは、前兆の差し迫った実施を示しています。 1週間で有効になります。
  • 3日間泣くことは、6か月で予告の具体化を見ることを意味します。
  • 4日間のすすり泣き-重要な会議の後でのみ迷信の具体化へ。
  • 5日以上泣いた場合、前兆は3週間後に有効になります。

故人のために泣くことは可能ですか 姉妹や兄弟をすすり泣くのは当局の不正の前兆です

誰が死んだかの兆候

悪い兆候は、亡くなった人が誰であるかによって異なります。 いずれにせよ、前兆は不親切であり、近い将来のネガティブな出来事が、死んだ人々が長い間泣くことができない理由です。

  • 長い間夫や妻を求めて泣くということは、事業協力の相手を選ぶことができないということです。 人々は共通の言語を見つけることができなくなります。そのため、交渉は行き詰まります。 責任を不均等に分割する必要があるため、プロジェクトの結果は十分ではありません。
  • 姉妹や兄弟をすすり泣くのは、当局の不正の前兆です。 上司は従業員の仕事に感謝しないので、部下は再び彼らの能力を証明しなければなりません。
  • 人が母親や父親のためにすすり泣いた場合、彼は異性に対する自分の気持ちを整理する必要があります。 将来、関係は誠実な愛に変わる可能性があるので、下された決定は近い将来全体に影響を及ぼします。
  • 亡くなった遠い親戚を求めて泣くことは、後半からの迅速な分離を示しています。 プロの旅行のため、別の都市に移動する必要があります。 最愛の人は数週間で会うことができます。
  • 彼らが長い間泣いていた故人の友人は、ライバルとの望まないコミュニケーションの前兆です。 会話の後、自己不信が現れます。 この態度は、次の衝突の結果に悪影響を及ぼします。

正統派の宗教が故人のために長い間泣くことを許さない理由

亡くなった人のために泣くことが可能かどうかについての正教会の公式版もあります。

すすり泣きは、最後の判断で人の魂に悪影響を与えるだけであると信じられています。 地上の情熱が彼女を圧迫し、過去の罪の重要性は増すだけです。 したがって、故人を長い間悼むことはできません。

愛する人の死は誰にとっても悲しい出来事です。 しかし、そのような状況でも、ルールを忘れないでください。 兆候と迷信に基づいて、何ができるか、何ができないかを知ることができるため、悪影響を回避できます。

Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: