未婚の女の子は最初の子供にバプテスマを施すことができますか?

赤ちゃんのバプテスマは、すべての宗教的な家族に起こる出来事です。 しかし、そのような正統派の儀式が両親とその子供たちの将来の運命に影響を与える可能性があることを知っている人はほとんどいません。 ネガティブな結果を回避し、トラブルを引き起こさない方法を理解するには、民間の知恵に目を向ける必要があります。 未婚の女の子のために女の子にバプテスマを施すことは可能ですか 未婚の少女の長女にバプテスマを施す-彼の個人的な生活の失敗に

私たちに降りてきた迷信の中には、バプテスマを適切に準備し、実行する方法の兆候があります。 したがって、たとえば、未婚または別居の女の子のために女の子にバプテスマを施すことが可能かどうかを説明する標識が関連しています。

未婚の女の子と一緒に女の子にバプテスマを施すことができない理由

兆候によると、未婚の女性による少女のバプテスマは悪い兆候であり、近い将来の否定的な出来事を示しています。

  • 未婚の少女の長女にバプテスマを施すことは、彼女の個人的な生活の失敗です。 子供は異性のメンバーとの関係を確立することができなくなります。 若い人たちはその女の子に興味がないので、彼女は彼女の外見に失望するでしょう。 これは、低い自尊心とデータを根本的に変更したいという願望を伴います。 体を完璧にする試みは、人生に若い男が現れた後にのみ止まります。
  • 2人目の子供のバプテスマは、予期せぬ行動の変化の前兆です。 子供は両親の話を聞くのをやめ、仲間や兄や妹に嫉妬します。 これは子供たちの間の長い対立をもたらし、それは成人期にのみ終わるでしょう。
  • 未婚の女の子にバプテスマを受けた子供が家族で3、4人続けて生まれた場合、親しい友人に失望を期待する必要があります。 少女は、友人が常に要求に応えて困難な状況で助けてくれるとは限らないことを繰り返し確認する必要があります。
  • 家族の中で未婚の女の子の唯一の子供にバプテスマを施すことは悪い兆候です。 両親は定期的に彼らの間で喧嘩します。 関係の明確化と絶え間ない対立は崩壊につながります。

離婚した女性のために女の子がバプテスマを受けられない理由

また、夫と離婚した女性のために最初の、または唯一の女の子にバプテスマを施すことが不可能である理由を説明する兆候が私たちに降りてきました。 これは、子供の親との関係に影響を与える可能性があります。

  1. 迷信によると、結婚式後の最初の3年間に女性が男性と離婚した場合、孫娘は仲間とコミュニケーションを取り、行動に悪影響を及ぼします。 すぐに両親との喧嘩と彼らからの距離があり、人生における友人の役割は成長するでしょう。 少女は成人期に年長者に対して軽蔑的な態度を保ち、キャリアの失敗を引き起こします。
  2. 4年以上の結婚の後に夫と離婚した一人の女性による少女のバプテスマは、子供の憂鬱の前兆です。 悲しい気分と仕事を引き受けたくないということは、仲間に遅れをとることにつながります。 将来的には、これは専門家の自己決定とライフパスの選択にも影響を及ぼします。
  3. 名付け親が離婚して再婚した少女は、すべてのキリスト教に小さな問題を抱えています。 彼女はこの特定の日に、失礼な態度、不快な贈り物、友人との喧嘩に直面しなければなりません。 一連の小さな不幸は定期的に休日を台無しにし、それはバプテスマの日付に対して否定的な態度を引き起こします。
  4. 反逆が離婚の理由になった場合、女性は決して女の子の名付け親になるべきではありません。 これは、子供と彼の周りの若者との間の長期的な誤解につながる可能性があります。 より意識的な年齢で、孫娘は彼女が知っている男性の一人と彼女の幸せを見つけようとします、しかしこれは壊れた心と低い自尊心につながるだけです。 将来的には、女の子は異性の代表者と家族関係を築くこともできなくなります。

未婚の女の子のために女の子にバプテスマを施すことができない理由 月曜日に男の子にバプテスマを施すということは、すぐに両親の1人がキャリアのはしごを上る機会を持つことを意味します。

未婚の女の子による子供のバプテスマに関する正教会の意見

未婚の女性が子供にバプテスマを施すことができるかどうかについては、いくつかの意見があります。 正教会の代表によると、娘の年齢に基づいてこの質問に答える必要があります。 少女の年齢によっては、未婚の女性からバプテスマを受けることができるかどうかが明らかになります。

  • 最大1年-この時点で子供はまだ未婚の女性によってバプテスマを受けることができます。 この出来事は、少女や名付け親のさらなる人生に影響を与えることはありません。
  • 2年から3年は、そのような出来事が親戚の健康に影響を与える可能性がある期間です。 軽度の病気が深刻な病気に変わるまで、彼らはしばしば病気になります。 あなたは病気を取り除くために多くの努力とお金を費やさなければならないでしょう。
  • 4歳から7歳まで-未婚の女の子のために子供にバプテスマを施すことはもはや不可能です。 これは女の子の趣味に影響を与える可能性があります。 彼女は重要でない、または無意味なことに興味を持つでしょう。そのため、もっと意味のある時間はありません。 これは彼女の見通しに悪影響を及ぼします。
  • 8歳から10歳まで-未婚の中から名付け親を選ぶこともお勧めしません。 少女はすぐに、両親を含む他の人の意見を共有していないことに気付くでしょう。 これはさらに友人や家族からの距離につながります。
  • 11から15まで-女の子は未婚の女の子からバプテスマを受けることはできません。 孤独で自給自足の人の立場は、ティーンエイジャーを怖がらせることができます。そのため、彼女はすぐに関係を築こうとします。
  • 16歳以上-あなたはすでに未婚の女性を神父母として選ぶことができます。 少女の個性はすでに形成されているので、そのような出来事は彼女の人生に影響を与えません。

未婚の女の子は男の子にバプテスマを施すことができますか?

未婚の女の子は男の子にバプテスマを施すことができます。

これは運命の良い兆候であり、さらなる前向きな出来事を示します。 正教会の式典が行われた日に基づいて、人は未来を見ることができます。

  1. 月曜日に男の子にバプテスマを施すということは、すぐに両親の1人がキャリアのはしごを上る機会を持つことを意味します。 昇進は上司からの予想外の寛大さの結果であり、同僚間の関係の悪化を伴います。 友達の数は減りますが、一般的に生活水準は向上します。
  2. 火曜日に行われた未婚の女性による少年のバプテスマは、学習への新たな関心を示しています。 子供は大人の影響を受け、科学の1つのより詳細な研究に引き付けられます。 これは、さらなる専門家の自己決定とあなたのビジネスの選択に影響を与えます。
  3. 少年が水曜日に未婚の女性からバプテスマを受けた場合、彼は良い男に会うことを期待するべきです。 新しい友達の1人は、興味深い会話家になり、忠実な友達になります。
  4. 木曜日にバプテスマを施す-すぐに敵を追い払う。 少年は、悪意のある人の注意を引き付けないために何をする必要があるかを理解します。 これは彼の学業成績、自尊心、気分にプラスの効果をもたらすでしょう。
  5. 金曜日の正教会の儀式での未婚の名付け親は、異性の代表との関係の変化の前触れです。 少年は彼の友人の一人にもっと興味を持つようになり、それはロマンチックな関係の始まりを伴います。
  6. 土曜日に開催された正教会の儀式-両親との関係を改善するため。 男の子は、ママとパパとの会話が人生の問題を解決するのに役立つことを理解します。そのおかげで、彼は大人をより信頼できるようになります。
  7. 少年が日曜日に未婚の女性からバプテスマを受けた場合、彼は友人の1人と会話します。 会話の後、仲間はお互いをよりよく理解するでしょう。 これのおかげで、彼らの友情はサポートの源になり、それは何年も続くでしょう。

未婚の女性による娘のバプテスマは、しるしや迷信に精通して初めてあえてできる行為です。 すべての情報を比較するだけで、子供と親の将来の生活に影響を与えない正しい決定を下すことができます。

Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: