伝説によると、スリッパを与えることは可能ですか?

一見すると、実用的なハウススリッパは、2月23日または3月8日の新年に理想的で安価な贈り物のようです。 彼らは近親者、年配の親戚、または新しい入植者によって選ばれます。

そして、そのようなプレゼントには何も言い表せないように思えますが、多くの迷信がホームシューズに関連しているため、そのようなプレゼントを嫌う人もいます。

スリッパをあげてもいいですか ギフトスリッパは長い分離を象徴することができます

スリッパをあげてもいいですか?

通りのほとんどの人は、贈り物として持ってきたスリッパを非常に否定的に扱います。これは驚くべきことではありません。子供の頃から、特に白い場合は、スリッパが差し迫った死に至るという年配の家族の唇から「ホラーストーリー」を聞くからです。

スリッパをプレゼントとして否定的な見方が中央アジアからやってきた。例えば、日本では家で靴を履くことすら許されておらず、これは死後の世界と関係があり、非常に悪い兆候と考えられていた。

この恐ろしい兆候に加えて、スリッパを与えることができないという事実に関連する多くの迷信もあります:

  1. 提示されたスリッパは長い分離を象徴することができ、それは喧嘩と関係の崩壊で終わります。
  2. 一部の人にとっては、困難と経験に満ちた長い旅を象徴しています。
  3. 配偶者にスリッパを渡す標識はお勧めできません。 プレゼンテーションを受けた後、人々は喧嘩を始め、最終的には解散するという信念があります。

兆候を信じるなら、そのようなプレゼンテーションを拒否する方が良いでしょう。 誕生日やその他のお祝いの贈り物として迷わない人のために、珍しいまたは排他的なスリッパを拾うことはかなり可能です。

チュニジアでは、何世紀にもわたって、新郎は特別に購入したセットを、結婚式のバスケットに代表される、選択したセットに提示してきました。その中には、白い枕、キャンドル、手袋、悪名高い白いスリッパが置かれていました。

ホームスリッパを正しく提示する方法は?

古くは、スリッパを含む靴が喜びと感謝の気持ちで受け入れられていました。 休日に持って来られた一組のスリッパは、重要なイベントや訪問を象徴し、今日だけ、そのようなプレゼントは否定的かつ非常に疑わしい扱いを受けています。 それでもスリッパを渡したい場合は、アクションを無力化するのに役立ついくつかの推奨事項に従う必要があります。

  • 青、緑、黄色、赤を優先して、明るい色または多彩な色のスリッパを与えます。 白や黒を忘れたほうがいいです。
  • 積極的に靴を充電してください。 これを行うには、これからは(受取人の名前)幸福と幸運だけをもたらし、悪天候とトラブルはそれを回避するという贈り物について何度か言う必要があります。
  • 誕生日の男の子に、純粋に象徴的な金額でプレゼントを買うように申し出てください。

スリッパをあげられない理由 配偶者にスリッパを渡す標識はお勧めできません

あなたがそれを手に入れたら?

しるしを信じるなら、贈り物として数枚のコインを渡してから、スリッパに聖水をまき、「私たちの父」の祈りを読む必要があります。 この小さなトリックは、否定性から保護するのに役立ちます。

誰もが自分の直感やプレゼントを選んだ人の好みに応じて、何を与えるかを自分で決めます。 ただし、愛する人を怒らせないために、エチケットのルールを忘れず、民俗標識の存在を考慮に入れてください。

すべての要素が満たされている場合、ホームスリッパはあなたの隣人へのケア、暖かさ、そして愛を示す素晴らしい贈り物になることができます。

Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: