なぜ、看板によると、鏡の前で写真を撮ることができないのですか?

金属で作られた最初の鏡以来、それらは魔法の能力を処方されてきました。 人の魂が反映されていると信じている人もいれば、鏡の鏡面が覗き込んだ人のエネルギーを保っていると思っている人もいます。

しかし、カメラが現れるずっと前にすべての兆候と信念が形成されたので、なぜあなたは鏡の隣または前で写真を撮られるべきではありません。

鏡越しに写真が撮れない理由 涙、スキャンダル、喧嘩はどんな鏡でも持続します。

鏡で自分の写真を撮ることはできますか?

鏡面で写真を撮ってはいけない理由はいくつかあります。 これらすべての理由をグループにまとめると、次のように分類されます。

  1. それらのいくつかは、ミラーが「階層化」されているという事実に基づいています。 そして、それぞれの層には特定の機能がありますが、それらのほとんどは人間には理解できません。
  2. 他の理由は、涙、スキャンダル、喧嘩がどんな鏡でも、どんなに小さなものでも持続するという事実に関連しています。 そして、そのような鏡の隣で写真を撮ると、ネガをあなたの人生に引きずり込むことができます。 ミラーは新品でも、とにかく作った人が覗いてみました。
  3. 鏡で自分の写真を撮ることができない理由の3番目のグループがあります。 反射して撮った写真をよく見てください。 これらの写真のほとんどは成功するので、このように自分自身を捉えたいという願望がありますが、鏡面反射性は、いわば、人を否定から保護する層を洗い流すと考えられています。 これにより、人々は悪影響を受けやすくなります。

しかし、これらはすべて、必ずしもエネルギー問題につながるとは限らない一般的な理由です。

鏡で自分の写真を撮ってもいいですか 鏡面反射性は、人を否定性から保護する層を洗い流します

異世界の力と運命

ぶら下がっている鏡を通して写真を撮ることはできないと信じられています。これは、異世界の力と接触することにつながるからです。 撮影の過程でポータルへの入り口が開き、ネガティブな感情が込められています。

これらの感情は、文字通り1枚の写真の撮影中に、人に非常にすばやく「磁化」される可能性があります。 人が家で死ぬとき、すべての鏡が布で覆われているのは当然です。

また、悪魔に関連するほとんどの芸術作品では、これらの生き物は、それらに類似した鏡面またはポータルから私たちの世界に入ります。 したがって、反射したり鏡の横で自分を撮影することは、運命を変え、人をより利己的で傲慢にする可能性があると考えられています。

鏡面を通して撮った写真が、占い師や媒体などの神秘的な能力を持った人の手に渡った場合、そのような写真を通してそれを損傷する可能性は十分にあります。

優れた能力を持つ人々は、単なるダメージ以上に、写真に写っている人物に影響を与える可能性があります。

写真に写っている魂は無防備であり、他に何も露出から保護していないため、これはすべて起こります。 人が後ろから撮影され、顔が完全に見えない写真だけでは、これは不可能です。

鏡で正しく写真を撮る方法  ぶら下がっている鏡を通して写真を撮ることはできません。これは他の世界の力と接触することにつながるからです。

エネルギーは撮影された人にどのように影響しますか?

同一の鶏の4匹に1匹を鏡を通して撮影する実験を行った。 その後、この写真は、人生で何か悪いことや悲しいことが起こったときに写真を見るように頼む人々に配られました。 しばらくすると、明らかな理由もなく、写真に写っている鶏肉は発育が遅れ始めました。

悪影響に対して最も脆弱なのは、現在無力または脆弱な人々であると考えられています。 したがって、反射面の近くを撮影した後の最も重大なエネルギー損失は、次のカテゴリで顕著になります。

  • 子供達;
  • 老人;
  • 妊娠中の女性;
  • 重度または慢性の病気の人;
  • この期間中、彼らの魂は事実上保護されていないので、眠っている人々。

写真と壊れた鏡

写真が撮られた鏡面が壊れている場合、状況は危険であると見なされます。 断片を通して、そこにあったすべての悪いものが即座に撮られた写真に入ります。 そしてチェーンに沿って、すべてのネガティブは写真に示されている人に送信されます。

すでに写真を撮っている場合はどうなりますか?

鏡の横または鏡を通して撮影された場合は、撮影した写真を削除する必要があります。 このようなデジタル写真をPhotoshopまたは同様のプログラムで処理した後、すべての負のエネルギーが消えることを期待する人もいますが、そうではありません。 したがって、鏡面を通して撮影された写真を完全に削除することによってのみ、写真に写っている人物を保護することができます。

鏡に関連する多くの信念にもかかわらず、この方法で撮影された写真はますますソーシャルネットワークに投稿されています。 不快なことが誰かに起こりますが、他の人には起こりません。 したがって、誰もが前兆を信じるかどうかを自分で決めるのです。

Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: