12月の結婚式:縁起の良い日と人気の前兆

12月の結婚式

冬の結婚式には独自の魅力と多くの民俗の伝統があります。 ちなみに、12月の結婚式は若い家族と一緒に長く幸せな生活を約束します。 今月は新婚夫婦に幸運と繁栄をもたらし、今月締結された結婚は、配偶者に老後まで明るい愛を約束します。

兆候

冬の結婚式は、計り知れない愛と明るい未来を約束します。 12月の兆候は、豊かさ、成功した人生、情熱的な関係、そして一緒に暮らす年月とともに成長する愛を約束します。 たとえば、豊かで長生きするために、若者は別の道で登記所に行くことをお勧めします。

  1. 結婚式の日の猛吹雪と大雪は、配偶者に幸運と経済的幸福をもたらします。
  2. 霜と寒さ-最初に生まれた男性に。
  3. 結婚式で花嫁がストッキングを引き裂いた場合、家族ですぐに補充が期待されています。
  4. 結婚式の日の雪解け後の突然の霜-若者の間の熱烈な情熱へ。
  5. 結婚式の日の雨は新婚夫婦に安全な運命を約束します。
  6. 晴れた天気は、カップルの活気に満ちた生活を告げるものです。
  7. 結婚式の天候が変動すると、若い家族の家庭生活は不安定になります。
  8. 花嫁と花婿が2羽の鳥が隣り合って座っているのを見ると、両方の配偶者は互いに忠実になります。
  9. 兆候があります-花嫁は結婚式のドレスを着ている間、鏡で自分自身を見るべきではありません、さもなければ結婚は不幸になります。 運を怖がらせないために、ウェディングドレスの試着は、手袋やケープなどの1つの要素なしで行われます。
  10. 乗るとき、新婚夫婦は逆さまに横たわる毛皮のコートに置かれます。 このサインは、富と完全な相互理解を約束します。

結婚式の日は12月4日(最も神聖なテオトコスの紹介)には設定できません。 この日、結婚式は短い家族生活を予測します。

12月はクリスマスが早いので、教会で結婚することはできません。

12月に結婚式に署名

縁起の良い日

12月は結婚式にふさわしい月と考えられています。 一般的な信念によると、月のいくつかの奇数日と偶数日は、結婚のための成功した幸運な日と見なされます。

  • 夫婦が12月6、8、10、20、30日に関係を登録した場合、最近は繁栄と幸運を約束します。 前兆が機能するためには、最近は満月があってはならないことを知っておくことが重要です。
  • 3日、19日、23日、29日に締結された結婚は、財政面で成功し、繁栄するでしょう。
  • 12月1日と31日に行われる結婚は強くてロマンチックになります。
  • 標識によると、番号4、14、22、および29は、カップルの短期的な関係を約束します。

将来の配偶者の間に強い愛と相互理解があり、彼らがいつ神と人々の前で組合を封印することを決定するかは問題ではありません。 そして雪や吹雪は休日に明るい色と特別なムードを与えます。

Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: