黄色い花を贈ることは可能ですか?なぜこの贈り物なのですか?

迷信的な人々はしばしば「行き止まり」に陥ります。 人々は世界中に散らばっています。 彼らは互いに離れているので、同じ現象を独自の方法で解釈します。 これは、反対の意味を持つ標識がどのように表示されるかです。 黄色い花が与えられる理由は、イベントとドナーの国籍によって異なります。

黄色い花

黄色い花はどういう意味ですか

ロシアと東部では、太陽色のつぼみは次のことを象徴しています。

  • 恵み;
  • 幸福と喜び;
  • 豊富;
  • 若者。

しかし、黄色の別の解釈があります。 それは秋、しおれ、枯れに関連しています。 一部の人々はそれを恥、憎しみ、ゴシップの象徴として認識しています。 この意味は欧米諸国から来ており、私たちの心にしっかりと根付いています。 関係の予言における黄色い花についての兆候:

  • 色あせた気持ち;
  • 反逆;
  • 別れ。

花のキリスト教の象徴に従って、黄色(黄金色)は神の優しさ、信仰、善行の象徴です。 しかし、濃い黄色は反対の意味を持っています。 彼は裏切りと羨望の象徴です。 これは、キリストを裏切った時のユダが濃い黄色の服を着ていたためです。 燃やされる前に、異端者は同じ色のローブを着ていました。

花束に関しては、成熟した女性のための贈り物の構成は、落ち着いた淡い、または逆に、暗い、茶色がかった色合いの芽から形成されます。 明るい花はバルザック時代の女性には適していません。

黄色い花を提示できるかできないか?

この問題についてのコンセンサスはありません。 したがって、「運命の声」を聞くサインの激しい崇拝者を動揺させないために、緋色またはピンク色のつぼみを提示してください。

あなたが黄色い花束を提示された場合、あなたは喜ぶ必要があります。彼らはあなたに富を望んでいたので、彼らはあなたを賞賛し、あなたを明るく才能のある人と見なします。

黄色い花の兆候の種類

黄色い水仙は裏切りを意味します。 これらの花の花束が肯定的に認識される唯一の日は3月8日です。 それ以外の場合は、そのような贈り物を控えたほうがよいでしょう。

黄色い花が好まれなくなった理由:

  1. 私たちの同時代人の心の中で、このネガティブは非常に説得力のある歌を歌ったナターシャ・コロレバによって解決されました:「黄色いチューリップは分離のメッセンジャーです…」。 この曲はとても人気があったので、誰もこれらの言葉の正当性を疑うことさえ考えませんでした。
  2. 女性が合格できなかった忠実度のテストについての伝説があります。 伝説によると、長いキャンペーンから戻った王子は、妻が彼をだましていたかどうかを知りたがっていました。 魔術師のアドバイスで、彼は寝室に赤いバラを残し、それは翌朝黄色に変わりました-それはしおれた感情、女性の裏切りの証拠になりました。
  3. キャサリンIIの気まぐれで、若い女性と一緒にいじくり回すために世俗的な女性の男性によって使用された花の言葉で、黄色い芽は男性の反逆、分離、不信を意味し始めました。 それ以来、男性が黄色がかった色調の花束を提示した場合、彼は忠実ではないだろうという意見が根付いており、実際、解散を発表しました。

それがあなたがあなたのガールフレンドに黄色い花を与えることができない理由です-彼女はそのような贈り物を差し迫った分離のヒントとして解釈することができます。 そして、迷信的な人々は一般的に、そのような花束自体が恋人たちを喧嘩させるだろうと考えています。

しかし、これは単なる兆候です。 花は負のエネルギーを運びません。 それどころか、家族の喧嘩の後の和解のしるしとして黄色いバラを与えるのが通例です。 夫がそのような花束を提示した場合、それは彼が家族の平和と繁栄を望んでいることを意味し、反逆をまったく謝罪しません。

恋愛関係のない見知らぬ女の子には、黄色い花を贈ることができます。 彼らは喜ぶでしょう:母、祖母、叔母、姪、娘または他の親戚。 キャサリンが革新する前は、花の言語でさまざまな種類の黄色い花束は次のことを意味していました。

  • チューリップは、合理主義のタッチで愛の宣言です。 これは、赤いバラの場合のように、抑えきれない熱烈な情熱についてではありません。 むしろ、それは彼らの感情への自信を特徴づけます。 人は愛から「頭を失う」ことはなく、状況をコントロールし続けます。
  • バラは称賛と尊敬の表れであり、幸運への願いです。
  • カーネーション-犯罪を補償したいという願望。 そのような贈り物で、人はこう言うようです:「私は悔い改めます、あなたは私にとって大切です、私はあなたを失うことを恐れています。」

そして、試験中、黄色には知性を高める能力があるので、そのような花束は女の子に実用的な利益をもたらします:

  • メモリを向上させます。
  • 脳の活動を刺激します。
  • 新しい情報を吸収するのに役立ちます。

黄色い花をあげる人

まず第一に、この種の植物相を愛する人々はそのような贈り物を光栄に思っています。 これらはほとんどの場合、陽気で楽観的な性格です。 そして、彼らは永続的で目的があり、簡単に目標を達成し、独自の考え方を持っています。

美しい黄色い花

黄色い花、特にバラは、創造的な職業の代表者に最適です。 そのような花束で、ファンは芸術家、画家、そして作家の才能への彼らの賞賛を表現します。 急いでいる人格が彼らの能力と選ばれた道の正しさを疑うことはよくあることです。 黄色い花は、彼らが自分自身への信仰を失い、彼らに新しい力を与え、創造性を刺激するのを助けます。

黄色い花の花束は、マネージャーへの贈り物として適しています。 この場合、黄金色は富と物質的な幸福の象徴として認識されます。 オレンジイエローの花束は力の象徴であり、影響力のある人に与えるのが通例です。

迷信的な人々は、さまざまな物に神秘的な能力を与える傾向があります。 これは植物相の構成で起こりました。 徐々に、黄色い花を与えてはならないといういくつかの兆候が現れました。 偶然と想像力がこれに重要な役割を果たしました。 しかし、信念に耳を傾けるかどうかは、一人一人の個人的な問題です。

Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: