カッシーニミッションからのテティスの新しい見方

カッシーニミッションからのテティスの新しい見方

テティスは土星の氷の月の1つであり、NASAカッシーニ宇宙船のこの観点からは、宇宙を覗く眼球に漠然と似ています。 類似性は、巨大なクレーター「オデッセウス」の表面とその中央のピークの複合体全体の存在によって与えられます。

ソーラーシステムの他の衛星と同様に、テティス(直径1062 km)は、他の宇宙体からの膨大な数の衝撃を経験しました。 これらの影響は主にこの月の表面を形成し、その上に活発な地質学的プロセスがないため、パターンは変わりませんでした。

この場合、大きな物体との壊滅的な衝突により、オデッセウスと呼ばれるクレーターが作成されただけでなく、シェリアモンテスと呼ばれるクレーターの中央に山頂が形成されました。

この画像は、カッシーニ宇宙船によって367,000kmの距離から緑色のスペクトルでキャプチャされました。 2016年11月10日の狭角カメラ。 画像スケールは1ピクセルあたり2kmです。

出典:NASA

Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: