火星の歴史を書き直す必要がありますか? -好奇心は火星の湖の岩に炭酸塩を発見しませんでした

火星の歴史を書き直す必要がありますか?  -好奇心は火星の湖の岩に炭酸塩を発見しませんでした

多くの科学的発見は、古代火星が湿った気候と惑星の表面を流れる水の川を持っていたことを示唆しています。 これらすべてを踏まえると、過去には太陽が3分の1寒かったと考えられているため、天文学者は非常に長い間、惑星の発達のモデルを作成し、火星に水を液体の形に保つのに十分な熱があるシナリオを再現しようとしてきました。

現在の主流の理論は、惑星が大気中に二酸化炭素のより密な層を持っていたということです。そして、それは過去に火星の温度上昇に貢献した一種の「温室ブランケット」を形成しました。 しかし、好奇心ローバーからのデータの新しい分析によると、35億年前の火星にはこれに十分な二酸化炭素がありませんでした。つまり、氷河を解凍するのに必要な温度がまったくありませんでした。

ローバーが火星の湖の1つの岩と微生物の推定生息地を発見したという事実にもかかわらず、好奇心はサンプルから炭酸塩物質を検出しませんでした。これは、35億年前の湖の存在時に、地球上に二酸化炭素が存在していたことを示唆しています。 非常に重要ではありませんでした。

NASAのエイムズ研究センターのトーマス・ブリストウ氏は、「ローバーが調査した堆積岩に炭酸塩鉱物が不足していることに驚いた」と語った。

過去の火星の湖が本当に液体の状態であった場合、そのような発見は氷河の解凍の理由の問題をはるかに深刻にします。 科学者によると、これは過去の火星の大気の発達のための異なるシナリオを示唆していますが、それはまだ調査されていません。

出典:NASA

Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: