オンラインでのムーンウォッチングがまもなく可能になります

オンラインでのムーンウォッチングがまもなく可能になります

新しい民間宇宙会社LunarStationは、2018年初頭にMoonWatcher衛星を地球軌道に投入するという主要な任務を設定しました。 その後、スペースプローブからの画像に基づいて、衛星が月面のウェブキャストをリアルタイムで実行することが計画されています。

同社の代表者は、今回の打ち上げの主な目的は、月の探索を加速し、地球の自然の衛星を人々に近づけることであると述べました。 「LunarStationは、印象的な新しいミッションで人間と月をつなぐことを望んでいます。その最初のステップはMoonWatcherです」と同社のウェブサイトで述べています。

このミッションを開始するために、Lunar Stationは資金調達キャンペーンを開始し、3月12日までに15万ドルを調達する予定です。 同社の創設者兼CEOであるブレアデウィットと彼の同僚は、2018年2月に離陸する予定のLauncherOne VirginGalactic発射車両のCubeSatの座席をすでに予約しています。

地球軌道に打ち上げられた後、長さ30センチ、幅10 x 10のMoonWatcherプローブが月の鮮明で詳細な画像を提供し、同社はYouTubeチャンネルで月の景色をリアルタイムで放送する予定です。

Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: