天文学者は地球を越えて飛んでいる彗星の崩壊を記録しました

天文学者は地球を越えて飛んでいる彗星の崩壊を記録しました

Phys.orgによると、73P彗星/シュワスマン-地球を通過して飛んでいるワクマンは、独自の崩壊を経験しました。 これは、彗星が太陽に向かっている2月12日に現象を記録したSloohObservatoryの代表者によって報告されました。

Sloohの天文学者PaulCoxは、彗星の核が2つに分割されていることを確認でき、さらなる破壊を捕らえることを目的として、今後数週間にわたって観察を続けると述べた。 天文台によると、今後数ヶ月で、彗星はそれのための2つの壊滅的な出来事と衝突すると予想されます。その主なものは太陽です。

「彗星の核は太陽の重力による途方もないストレスにさらされるだろう。それが彗星のさらなる崩壊の主な理由であるはずだ」とコックス氏は語った。

しかし、天文学者によると、彼女が太陽の影響を乗り越えた場合、彼女はまた信じられないほど強い重力場を持っているジュピターという名前のガスの巨人からの別の挑戦と戦わなければなりません。 73P彗星は、そこから3,100万マイルを通過します。これは、宇宙的にはかなり近い距離と見なされます。

「73P彗星が宇宙の塵に破壊されるのは時間の問題だ」と天文学者は要約した。

Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: