カッシーニプローブの最後の写真-タイタンの湖と海

カッシーニプローブの最後の写真-タイタンの湖と海

誰にとっても驚くべきことに、宇宙機関NASAは、カッシーニ宇宙探査機の別の最終写真を提供しました。 故意に土星の大気に浸されて永遠にそこにとどまる前に、プローブはガス巨人の衛星、タイタンの風景の詳細な写真を撮りました。 これは衛星の北極の写真で、液体のメタンとエタンの神秘的な湖と海をはっきりと示しています。

いわゆるプンガマーレ海(幅390キロメートル)は画像の中央の真上にあり、リゲイアマーレ(幅500キロメートル)は中央の下にあり、広大なクラケンマーレ海は写真の左側に1200キロメートル伸びています。 画像の右側に点在する海の周りには、タイタンの小さな湖がたくさん見られます。 これらの湖の性質はまだ科学者にとって謎です。

もう一つの露骨な謎はタイタンの天気です。 密集した雰囲気を考えると、タイタンは地球上の水の蒸発サイクルと非常によく似たメタンサイクルを持ち、雲の形成、沈殿、川への表面流出、湖や海での水の収集​​があります。 タイタンの南の夏の間、「カッシーニ」は衛星の南極上で雲の活動を観察しました。

しかし、タイタンの春の北半球の写真は、小さな雲が少ししかないこの写真とは著しく異なります。 パネルの中央のすぐ下、またLigeiaMareの少し上にあるダッシュよりも明るく見えます。

ジョンズホプキンス応用物理学研究所の科学者であり、画像をキャプチャしたカッシーニコントロールチーム(ISS)のメンバーであるエリザベス(ジビ)は、次のように述べています。 実際、大気モデルは、数年前に北の緯度に夏の雲が存在することを予測していました。 したがって、ミッションが終了する前にまだ出現していないという事実は、タイタンのメタンサイクルとその天候について興味深いことを示しています。

Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: