NASAはタイタンのダストストームの最初の画像を提示します

NASAはタイタンのダストストームの最初の画像を提示します

フランスのパリディデロット大学の天文学者であるセバスチャンロドリゲスが率いる科学者のチームは、カッシーニ宇宙探査機からの資料を研究している間に印象的な結果を得ました。 新しい研究によると、地球は土星の月であるタイタンと別の印象的な類似点を持っています-地質学と炭素サイクルに加えて、科学者は有機ダストがタイタンの赤道周辺の大きな砂丘フィールドから持ち上げられるアクティブなダストサイクルを特定しました。 これはNASAの公式ウェブサイトで報告されました。

タイタンは信じられないほど興味をそそる世界です。 実際、太陽系で地球のような雰囲気を持ち、表面に液体を蓄えている唯一の天体である衛星だけですが、地球上では川、湖、海などが水で満たされているのに対し、タイタンではメタンであるという大きな違いがあります。 とエタン。 このような独特のサイクルでは、炭化水素分子が蒸発し、凝縮して雲になり、雨が降って地表に戻ります。

タイタンの天気は、地球と同じように季節ごとに異なります。 特に、エクイノックス(太陽がタイタンの赤道を横切る時間)の間に、巨大な雲が熱帯地域で形成され、激しいメタン嵐を引き起こす可能性があります。 カッシーニプローブは、衛星を通過する飛行中にそのような嵐を観測しました。

2009年と2010年にタイタンを過ぎた宇宙船のフライバイからの画像のコレクションは、宇宙船の視覚および赤外線画像分光器によって撮影された画像に突然現れる明確な明るいスポットの3つのインスタンスを示しています。

ロドリゲスと彼のチームは、2009年にタイタンの北のエクイノックス中にカッシーニが撮影した赤外線画像で3つの異常な赤道の色合いに最初に気づいたとき、それらはある種のメタン雲であると考えましたが、さらなる研究はそれが 全然違う。

「タイタンでの雲の形成について私たちが知っていることから、この時期のこの地域では、そのようなメタン雲は物理的に不可能であると言えます」とロドリゲスは言いました。 「この地域でこの期間中に発生する可能性のある対流メタン雲には巨大な液滴が含まれ、モデルが示すように、非常に高い高度(10キロメートルよりはるかに高い)にあるはずです。」

さらに、科学者たちは、タイタンの表面のこれらの特徴が冷たいメタンの雨や氷の溶岩の形ではあり得ないことを発見しました。 そのような表面の斑点は、異なる化学成分を持ち、5週間のわずか11時間から見えた明るい地層よりもはるかに長く見えたままになります。

さらに、モデリングにより、特性は大気である必要があるが、それでも表面に近いことが示されました。つまり、それは微細な固体有機粒子の非常に薄い層である可能性が高いです。 さらに、それらはタイタンの赤道の砂丘の真上に位置していたので、残っている唯一の説明は、スポットが実際には砂丘から発生したほこりの雲であったということでした。

有機ダストは、太陽光とメタンの相互作用によって形成された有機分子が十分な大きさに成長し、表面に落下したときに形成されます。 ロドリゲスによると、彼らはタイタンの最初の嵐をなんとか観察しました、そしてこれは自然なプロセスです。

「2005年1月にタイタンの表面に着陸したHuygensプローブは、その強力な空力的伴流により、到着時に少量の有機ダストを発生させたと考えています」とロドリゲス氏は述べています。 「しかし、ここでカッシーニのデータを分析したときに気付いたのは、はるかに広い規模で起こっていることです。 これらのダストストームで見られるのと同じくらい多くのダストを蹴り上げるのに必要な地表近くの風速は、非常に強い必要があります。これは、Huygensプローブで測定された平均風速の約5倍です。

編集と翻訳:Dmitry Kolupaev

Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: