NASAは、火星と月の基地を素晴らしい素材であるキノコから「成長」させることを計画しています。

NASAは、火星と月の基地を素晴らしい素材であるキノコから「成長」させることを計画しています。

NASAの科学者たちは、月と火星に基地を建設するための特別な戦略を研究しています。それは、生きたキノコから現場でそれらを育てることです。

NASAのプレスリリースによると、休眠中の真菌を月に送り、到着したら水と成長に必要な条件を与えるというアイデアです。 また、真菌に栄養素を供給するために光合成細菌の供給が必要になります。 キノコが構造物の形に成長したら、熱処理されて効果的に殺され、コンパクトなレンガになります。

NASAは火星に人間のための家を建てることを夢見ていますが、大量の建築資材を詰めて赤い惑星の宇宙に持ち込むのは簡単ではありません。 これが、代理店が「家を育てる」可能性を含む代替案に関心を持っている理由です。

NASAのInnovativeAdvanced Concepts(NIAC)プログラムは、真菌を使用して月と火星の生息地を成長させることができるマイコアーキテクチャプロセスの実行可能性に関する研究に資金を提供しました。

コンセプトは、真菌の菌核部分に焦点を当てています。 NASAは火曜日の声明で、「これらの小さなフィラメントは、非常に正確に複雑な構造を作り、キノコなどのより大きな構造に結合する」と述べた。 代理店は、生息地のアイデアを説明し、いくつかのコンセプトアートを示すビデオを投稿しました。

生息地の概念には、外側の水氷で構成される3層のドームが含まれます。 真ん中にシアノバクテリア(酸素と栄養素を生成する); 火星に家を作るために足場の周りを養って成長する菌の内層。

NASAは、この構造は「生命体を殺すために焼かれ、構造の完全性を確保し、火星や既存の微生物の汚染を防ぐ」と述べた。

研究者はすでにmyceliumを使用してオブジェクトを作成する実験を行っています。 スタンフォード大学とブラウン大学のチームは、2018年にNASAのエイムズリサーチセンターで行われたマイコアーキテクチャプロジェクトの一環として、完全に使用可能なスツールを調達しました。 2週間の成長の後、スツールは冷蔵庫の中で長い間忘れられていたもののように見えました。

このスツールは、2018年の実験で菌糸から成長しました。 2018スタンフォード-ブラウン-RISDiGEMチーム

火星の生息地の背後にある考えは、地球上での建設のために移される可能性があります。

研究はまだ非常に初期の段階ですが、地球外の将来の人間の生息地に関して、科学者がどのように視野を広げるために取り組んでいるかを示しています。

出典:写真:2018 Stanford-Brown-RISDiGEMチーム

Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: