地球上の生命の起源:科学者による信じられないほどの発見

地球上の生命の起源:科学者による信じられないほどの発見

新しい研究によると、人間のDNAに不可欠なミネラルであるリンが約40億年前に地球に出現したことが示されています。 天文学者たちは、彼の「旅」が私たちの惑星から数十億光年の間に始まったことを初めて証明しました。

新しい結果を得るために、科学者は、チリの巨大な望遠鏡、ALMA(Atacama Large Millimeter / Submillimeter Array)からのデータと、Rosettaミッション中にEuropean Space Agency(ESA)から受け取った情報を使用しました。

星の間のガスとほこりの蓄積は、生命がそこから始まったと信じられているまさにその瞬間に私たちの惑星に移動したことが判明しました。 これは、Daily Starに掲載された新しい研究の著者、イタリア天体物理学研究所で働くPh.D. VictorRivillaが書いていることです。

「生命は約40億年前に地球に現れましたが、どのプロセスがこれを可能にしたのかはまだわかりません。 しかし、私たちの発見により、この謎のベールをいくらか持ち上げることができます。 リンは私たち自身の体にも存在します。 それは、細胞膜、筋肉、さらには神経にとっても重要な化学リン酸塩を形成します。

専門家はこの物質の一部を67P / Churyumov-Gerasimenko彗星で発見しました。 ALMAを使用して、科学者の国際チームは、リン含有分子が見つかった場所を特定することができました。

一般的な化学的条件が生命の出現をどのように助長するかなど、私たちの宇宙の起源を理解することは、現代の天体物理学の主要なトピックです。

研究者たちは、そのような観察が、大量の有機化合物を地球に運んだのは彗星であったという事実を支持していると確信しています。 少なくともこれは、67P彗星で見つかった一酸化リンが確認していることです。 ALMAとROSINAのデータ(プローブに取り付けられた機器)の組み合わせにより、星形成の全プロセス中に一種の化学フィラメントが明らかになり、一酸化リンが支配的な役割を果たします。

Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: