異教のお守りとお守りの意味の解釈

異教のお守りは、困難な生活状況を助けるために人々によって長い間使用されてきました。 スラブの習慣は今日まで生き残っているので、強さやお守りの意味についての情報は保存されています。 継続性のおかげで、現代人は古代のシンボルの奇跡的な特性を体験することもできます。

異教のお守り

古代の病棟

バプテスマの前は、多くの偶像への信仰はロシアで特に強かった。 多くの農民は保護のために神々のシンボルを使用しました。 異教の魔除けは、より高い権力からの助けを求めました。そのため、所有者の生活に変化が起こりました。

  • スヴァログは、それぞれの男性の原始的な神、父、そして後援者と見なされていました。 彼はお守りの所有者に素晴らしい身体能力を授けました。 力の助けを借りて、人は最初の戦いや軍事作戦中に敵を倒すことができます。
  • ラダ-異教では、スヴァログの妻、母、女性の愛国心。 彼女のシンボルのおかげで、家には快適さが現れ、いつもおいしい食べ物がありました。 女神はまた、子供の育成と主に女性の家事を行うのを手伝いました。
  • チャーのシンボルは、他人の汚い言葉から家を守りました。 ゴシップや悪い噂は家族を邪魔しません。 ダメージや邪悪な目も強力なエネルギー保護に反映されます。
  • Belobogは、所有者が常に勇気と狡猾さを持っていることを確認しました。 これらの資質は、日常生活、仲間の村人とのコミュニケーション、そして襲撃中の遊牧民との戦いに役立つ可能性があります。
  • 異教徒の間で生きていることは、人間の活力を体現しました。 したがって、彼女のサインはしばしば患者の治療に使用されました。 彼女はまた、出産時に妊婦を助け、赤ちゃんの健康を守りました。
  • Stribogは、たゆまぬ努力をする人々を支配しています。 お守りの保護のおかげで、人はエネルギー吸血鬼とのコミュニケーションを避けることができ、そのおかげで彼は自分の力を救うことができます。
  • クパロは愛する人々を守ります。 その助けを借りて、あなたは女の子の本当の婚約者であり、彼女が幸せを見ないだろう人を見つけることができます。 また、神のお守りは、結婚を妨げる親戚からカップルを救うでしょう。
  • Znichは長い間家の富に責任がありました。 お守りでキッチンを飾ると、ホステスはいつもたくさんの料理をします。 寝室にぶら下がっている-多くの健康で強い子供たちに。 広い部屋にいるZnichは訪問の前触れです。
  • カラチュンは、人生の状況にかかわらず、人が自分の気持ちに誠実で忠実であり続けるのを助けます。 そのようなお守りのおかげで、善への信頼と幸福への希望を失うことなく、困難を乗り切ることが可能になります。

お守りクレ アミュレットクレス

10〜12世紀のお守り

バプテスマ、異教のシンボルとその意味が変わった後、それらのいくつかは時代遅れになりました。 キリスト教との共生で、新しいお守りが現れ、それはすぐにロシアの領土全体に広がりました。

  • クレス。 お守りは長い間人々が道徳的基準に従って彼らの生活を整えるのを助けてきました。 誘惑を追い払うサインは、所有者が彼の良心を明確に保つことを可能にします。 人は自分の良心に従って行動できるので、道徳的な選択はもはや問題ではありません。
  • Svyatogor。 そのシンボルは、人を戦士に仕立て上げる儀式でよく使われました。 主人公の象徴性は、お守りのおかげで勇気、スタミナ、そして忍耐力が増したので、人が可能な限り最高の光の中で戦いに身を投じることを可能にしました。 敵の負傷を治療する際には、スヴィアトゴールのサインが入った包帯やタオルも使用されました。
  • ペラン。 10世紀に、彼は異教の神々の階層の主要な位置を占めました。 豊富な収穫を保証した豊富な雨について決定を下したのは彼でした。 しかし、ペルンの怒りで、干ばつと飢饉は村で止まりませんでした。
  • マコシュ。 彼女が豊饒を支配したので、女神も支配的な立場をとりました。 彼女は女性を冒涜から守り、家庭を疲弊から守りました。 お守りのおかげで、すべての作物が豊作になり、家族の繁栄を支えました。
  • ヤリロ。 神は、太陽が本当に暖まり始めた春に発効しました。 この頃、人々は配偶者を子供の誕生で封印するために、より高い権力に目を向けました。 ヤリロはまた、土地を耕作するときにスラブに力を与えました。
  • モレーン。 彼女のしるしは人々を死から守った。 女神が弱い体から魂を奪わないように、彼らはしばしば重病の服を飾るために使われました。 大規模な感染症や流行の場合、お守りは子供と大人を病気から守り、免疫力を強化し、モレナの家族への影響を弱めました。
  • アギデルは水の女神です。 彼女の助けによって、あなたは過去の恨みや悲しみを取り除くことができると信じられていました。 彼女はまた、荒れ狂う川のためにほとんど溺死または死亡した人々をひいきにしました。 バプテスマ、清め、過去の罪や過ちからの浄化の後、精神的な傷の癒しがこの意味に加えられました。

お守りを組み合わせる習慣

普段同時に着用しているお守りだけを組み合わせるのがベストです。 そうでなければ、歴史の異なる時期に人気が落ちた神々は、一緒に行動することができなくなります。 人と彼の運命への彼らの影響は悲惨なものになるでしょう。

着用時はお守りをテープで固定する必要があります。 男性の神々のお守りを使用する場合は、青い糸が必要です。 女神のしるしのために、緋色を準備する必要があります。 また、女性と男性の両方のシンボルが組み合わされたバンドルには、紫色のリボンが必要です。

製造材料に応じたお守りの強さ

16世紀まで使用されていたお守りは、新しいクラフト材料が登場するにつれて変化しました。 お守りの強さは、それが何で飾られているかに応じて決定されました。

  • 木製のお守りは主にあなたの個人的な生活に影響を与えます。 彼らはカップルがコミュニケーションを確立し、対立を取り除くのを助けます。 ペアの木製のお守りを身に着けていると、パートナーはお互いをよりよく理解できるようになります。
  • 金属のお守りは、キャリアの成功を達成したい人を助けます。 専門的な活動がはるかに容易になり、当局との関係が改善されます。 そのようなシンボルをオフィスに吊るすか、デスクトップを飾るのが良いでしょう。
  • 生地に刺繍された看板は、子供を保護するために最もよく使用されます。 シンボルはタオルやおむつに刺繍することができます。 それが赤ちゃんの生活に影響を与えるためには、定期的な連絡が必要です。
  • 重要なイベントや会議の前に、石のお守りを手で温める必要があります。 そうすれば、興奮と恐れは消えます。 お守りは、所有者の計画や意図を損なうものが何もないことを確認します。
  • 金はお金と地位を人生に引き付けるので、そのようなお守りは金融圏を確立するのに役立ちます。 所有者は、彼の予算の問題が徐々に消えていることに気付くでしょう。
  • シルバーモブは、新郎が愛する人によく与えるお守りです。 花嫁は選ばれた人に忠実であり続けるだけでなく、彼の目にさらに美しく魅力的になります。

専門家の意見IlmiraDerbentsev Parapsychologist Paganのお守りは、人生の困難に対処するために私たちの先祖によってしばしば使用されました。 貧しい農民は自分でお守りを作り、金持ちは宝石の達人から既製のものを買いました。

神々と女神のシンボルはどんな機会にも良い贈り物でした、それらは世代から世代へと受け継がれ、家族全員を保護しました。 今日では、異教の偶像の助けを借りて、あなたはあなたの先祖の支持を得ることができるので、そのような装飾もそれらの関連性を失っていません。

Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: